クラウドファンディング

起業に役立つクラウドファンディングとは


起業するときにもっとも頭を悩ませるのが資金調達です。最初にある程度の設備投資は必要となりますから、やはりある程度の資金は必要です。将来的に利益を得られると予想していたとしても、最初に資金がないために起業することができないという人もいるようです。資金調達の方法には様々なものがあって、最初は借入をするというのが基本となってくるのですが、信用量のない段階で借入をするのはカナカナ難しいようです。
民間銀行から借入をすることができないわけではありませんし、公的な助成金を活用することもできるでしょうから、色々な手段で資金調達をすることはできます。その中でも最近になって注目を集め始めているのがクラウドファンディングです。「クラウド」というと、クラウドコンピューティングという言葉を連想する人も多いようですが、意味は異なります。クラウドコンピューティングでは、「雲」の意味でクラウドと呼ばれているのですが、クラウドファンディングは「群衆」を意味するクラウドです。つまり、不特定多数の人から資金を調達してもらうという方法を指します。多くの場合にはインターネット上で募集が行われることになります。そして、いくつかの種類に分けられます。
その一つが投資型です。資金を提供してもらう代わりに、利益が発生すればそれを分配するというような形で行われることが多いです。具体的には、債券と同じように利率を決めて出資すると言うことが多く、出資する側としては債券投資と同じような感覚で投資をすることができます。
購入型と呼ばれるものもあり、これが比較的普及していると言えるでしょう。購入型とは、出資をする代わりに、その事業によって開発された商品やサービスを無償で受け取ることがでけいるというものです。ですから、先に代金を支払っておくというイメージでとらえられ、購入型と呼ばれます。
もう一つは寄付型と呼ばれるもので、これは完全に寄付という形で行われます。社会的な理念があって、それに寄付したいという出資者を募るのです。
このように、クラウドファンディングにはいくつかの種類があるのですが、全体的に見れば銀行やその他の金融機関で借入をするよりも審査に通りやすいという傾向があります。起業するときや、あるいは起業したばかりの時には与信能力の低い事も多いですから、借入が難しい場合も多いです。クラウドファンディングでは、一人の出資者の負担する資金が小さいですから、比較的容易に資金調達ができるという特徴があります。

最近の投稿

Copyright© 2014積立型投資を活用しよう All Rights Reserved.