起業する際の運転資金

起業する際の運転資金について


これから独立起業を考えられてる方にとって、重要になってくるのは綿密な事業計画や想定収支、運転資金の調達など考えないといけないことは細かく挙げていけば山ほどあります。起業の先に見据えているものや思い描いているものは人それぞれ違いますが、やはり独立される方にとって成功を望むということは共通して言えることでしょう。初めて起業をするという方やこれまでに経験したことのない不安を抱えることになります。なぜなら会社を経営する、ということは色々な問題に立ち向かっていかなければならない事だからです。その中でも今回は、運転資金についてのあれこれ参考になる情報を提供していきます。まず起業する場合、必要なお金は大きく分けて2通りあります。1つ目は会社を立ち上げる資金です。例えば事務所を新たに作るなら設備費がかかってきますし、物を販売する業種なら商品を仕入れる費用が必要になってきます。このように立ち上げ資金は、立ち上げる業種や規模、事務所をどこにするのか、によって大きく変わってきます。2つ目は運転資金です。人を雇う場合であれば、月々の給料が必要になりますし、事務所を賃貸で借りるなら事務所の固定経費が必要になります。こちらも同じように会社の運営する業種によってお金がかかる業種もあれば、かからない業種もあります。当然のことですがこの部分は事前にどのくらいのお金が掛かるか想定して計算しておいた方が良いでしょう。上記の事を踏まえて起業して失敗しないためには、あまり資金が必要の無い業種を選ぶ、というのも1つの手です。またよくいわれるのが起業する際の運転資金としてどれくらいあれば失敗しないのか、という問いに対して、3ヶ月から6か月分あれば失敗する確率を低く抑えられるといったことをよく耳にします。実際資金に余裕があればその分初めての売り上げを挙げるまでに多少時間が掛かっても支障なくやっていけるかもしれません。ただ、固定費が少ない、ということも同じように失敗しないためには必要なことです。これに関連付けてもう1点気をつけておきたいことですが、資金の調達として借金に頼る、ということしかないといずれは苦しい思いをすることになります。資金がショートして経営が行き詰った挙句借金を繰り返していると最終的に残るのは借金だけになります。なるべく手持ち資金内で抑えられる事業内容と計画を立てること、事前に手を打つことが重要になってきます。

最近の投稿

Copyright© 2014積立型投資を活用しよう All Rights Reserved.